筋トレ関連

どこを鍛えると痩せる?筋トレは順番が大事!?

どこを鍛えると痩せる?筋トレは順番が大事!?

こんにちは。

もりおです。

今日のテーマは

【どこを鍛えたら効率よく痩せることができるか】

という問題。

大前提:筋トレは無酸素運動なので直接的な脂肪燃焼はしません。

ここでいう【痩せる】というのは基礎代謝をあげる事によって1日の消費カロリーをあげるという事。

それでは早速やっていきましょう!

どこを鍛えたら効率よく痩せる事ができるのか。

大きな筋肉を鍛えるほど、基礎代謝が上がります。

まず、人間の体で大きな筋肉は

脚、胸、背中

の3部位です。総面積は脚が一番大きいです。

この3部位は筋トレの中でも優先的にやるべき箇所になります。

脚を太くしたくない!大丈夫です。そう簡単に太くなりませんから。

よく女性の方で、ありがちなのが

「脚を太くしたくないからウォーキングしない、ジョギングしない。」

「脚トレしない。」

そんな方に驚きの真実。

脂肪より筋肉の方が圧倒的に体積少ないです。

 

ですので、脚トレをして筋肉量を増やすことが脂肪燃焼となり脚痩せにも繋がりますので男女問わず脚トレはするべきだということが分かります。

この3部位をしっかりやれば腹筋の筋トレは軽くでも割れる

「えぇ〜!?」

なんて思うかもしれませんが、人間の腹筋は元々割れています。

脂肪が乗っかっているので見えないだけであって、筋肉量を増やし基礎代謝を底上げしてあげれば週1の腹筋でも十分割れているな。という感じまでいきますよ。

僕も腹筋の筋トレは1種目、週1.2程度ですがある程度の境界線を越えるとくっきりと割れ目が出てきます。

筋トレの順番はとても大切、きちんと理由があった。

筋トレって無闇に気分で部位を選んでしまってはダメなんです。

大きな筋肉ほど使用するエネルギーが多い。

小さな筋肉ほどすぐ限界を迎える。

こちらを頭に入れてください。

先に小さな筋肉から鍛えてしまうと

回数はそこまでこなすことができず大きな筋肉の部位の筋トレのパフォーマンスもガクッと落ちる為非常に効率が悪いです。

大きな筋肉は脚・胸・背中だということは先ほど理解して頂けたと思います。

ではどこが小さな筋肉なのか。

体の中心(体幹部)ほど筋肉が大きく末端ほど筋肉は小さくなる

要するに腕は小さい筋肉なんです。

腹筋も体の中心ですが、小さな筋肉に入ります。

肩は面積的にはそこそこ大きな筋肉になるのですが、3部位に分けられるために大きな筋肉にカウントしません。

鍛える順番はこちら。

脚or背中or胸→肩→腕→腹筋の順番が望ましい

ちなみに脚トレはめちゃくちゃしんどいです。

本気のスクワットはゲロ吐きそうになります。

ですので、僕はこちらのメニューで普段筋トレをしてます。

A:胸→背中→腹筋

B:脚→肩→腕→腹筋

全メニューを1日でやるって体力的にも、精神的にもかなり厳しいです。

カタボリックといって筋肉の分解の恐れもあるので。

ですのでBCAAの使用をオススメします。

筋トレの必需品!?BCAAの効果とは?
筋トレの必需品。Xtend(エクステンド)のBCAABCAAって何?なんでトレーニーはみんな飲んでるの?。わかりやすく解説。個人的にはエクステンドのレモンライムが最強!...

A→B→Aの週3ペース。

厳しければA→Bの週2でも全然効果は出ます。

まとめ

  1. 大きな筋肉(脚・胸・背中)を鍛えるほど痩せる
  2. 脚痩せするなら脚の筋トレ推奨
  3. 大きな筋肉から小さな筋肉に向かって筋トレが望ましい
  4. BCAAは是非使用してください。 

いかがでしたでしょうか。

意外と知られてるようで知られていない筋肉の知識。

これから筋トレを始める方に是非読んで欲しい記事です。

是非効率よくトレーニングに励んでくださいね!

ABOUT ME
もりお
1993年3月8日生まれ 25歳男 筋トレ(適度にサボる)と沖縄が好き。 ウォーキングデッドにハマり中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です