初心者向け知識解説

ダイエット中の朝食のオススメは?またNGは?

ダイエット中の朝ごはん、何が良い?

こんにちは。

もりおです。

ダイエット中の朝ごはんって何を食べたらいいのか。

軽く済ませる方、がっつり食べる方、食べない方。

色々な方がいると思いますが、今回の記事は

ダイエット中の朝食にオススメな食べ物をご紹介したいと思います!

ダイエット中の朝食でオススメな食べ物3選!!

 

①プロテイン

プロテイン,効果,筋トレ

「なんでプロテイン?」

そんな声が聞こえてきそうですが

食事の時間が長時間空くと脂肪と同時に筋肉も分解されます。

基本的に食事の時間は長くても4時間起きに何かしら口にするのが理想。というのがダイエット中の考えです。

就寝が12時だとしたら起床までは、4時間以上ある方が多いと思います。

そこで起床後にプロテインを飲むと体内中にタンパク質が満たされる為に筋肉の分解を抑制してくれるので、とても効果的です。

また、長時間空いた際の食事は吸収率が上がるのでプロテインの吸収率を高めてくれるので筋肉にもとても効果的なものになります。

②フルーツ(オススメはバナナ・リンゴ)

フルーツ

朝食でもそうですがダイエット中、基本的にオススメなのがフルーツです。

ビタミンなどの栄養価はもちろんですが、決め手はGI値の低さ!(GI値30前後)

ダイエット中でも炭水化物OK! GI値を分かりやすく解説!
【ダイエット中】炭水化物は食べてOK! 選ぶのはGI値!炭水化物で大事なのはカロリーよりもGI値!?GI値って何?【わかりやすく解説してます】これを理解する事で普段の食生活でも炭水化物の見直しになるはずです。理解すればダイエットの速度も早まりますよ!...

先述にもある通り、起床後は食事の吸収率が上がっている為に炭水化物をドカドカ食べてしまうと血糖値がグーンと上がってしまい脂肪細胞に変換されやすくなってしまいます。

そこでGI値の低いフルーツ類(リンゴ・バナナ・みかん・グレープフルーツ等)

こちらはとてもダイエット中の炭水化物にオススメなんです。

なぜリンゴとバナナがオススメかというと・・・

一年を通して安価で手に入りやすい為です!

特にバナナ、リンゴは腹持ちもいいですからね。

僕もよく朝食はバナナとリンゴを食べてますよ!

③玄米or五穀米

玄米

こちらもフルーツ系同様にGI値の低さが決め手です。

GI値54~55

「朝食はどうしても米を外せない!」

そんな方も多いと思います。

その際は玄米or五穀米に変更するだけでダイエット効果抜群ですよ。

ただ食べる量はお茶碗1杯程度にしてくださいね。

ダイエット中の朝食にNG!意外に●●がダメだった!

 

①白米

白米

理由はGI値の高さです。

GI値84

昼食で摂る分には、そこまで重要視はしなくてもいいですが

朝食というのがネック。

起床後の吸収率の高さ、GIの高さのコンビネーションが悪い為にランクイン。

日本人に馴染み深い白米ですが・・・

「どうしても米を食べたい。」

という方は玄米or五穀米にするのがオススメ。

 

②食パン

食パン

こちらも理由はGI値の高さです。

GI値91

起床後の吸収率の高さ、GIの高さのコンビネーションが悪い為にランクイン。

日本人の朝食は白米orパンのご家庭が多いと思いますが

実はダイエット向きではない朝食なんです。

どうしてもパンが食べたいいう方はライ麦パンにしてみてください。

ライ麦パンはGI値も低いのでこれだけでもだいぶ変わってきます。

だからといって朝食抜きは絶対NG!

 

「白米もパンもダメなら食べない方がいいんじゃ・・・」

 

それは絶対NGです!

 

朝食ですら就寝前の食事から時間が空いていて、筋肉の分解が始まっています。

そこでさらに朝食を摂らないと筋肉の分解がさらに加速し

筋量が低下→基礎代謝の低下→リバウンドしやすい体になる

こういった負のスパイラルに陥ってしまうので必ず朝食は摂りましょう。

また朝食を摂ることによって体温が上昇し基礎代謝が上がる効果もあるので朝食を摂ることはとても大事なんですよね。

GI値も大事だが、最優先はカロリー計算。

 

今回の記事ではGI値を朝食を選ぶポイントにしてますが

最優先、最重要はカロリー計算です。

それが備わった上でGI値を意識する。という行為に至ります。

ですのでカロリーはオーバーしてるけど食べ物はGI値で選んでる!

ということではダイエットには結びつかないので、そちらはしっかりと理解しましょう。

GI値を意識することでダイエットのスピードが上昇しますが、意識せずともダイエットは可能ですのでそちらはご自身の体調、モチベーションと相談してみてください。

朝食→筋トレの方は話が変わってくる。

 

朝食後に筋トレを行う方も中にはいると思います。

そういった方はGI値の高い食べ物を筋トレ前に食べるべきなので

白米や食パンでも問題ありません。(消化吸収されるまでの2~3時間は必要になる)

僕は筋トレ前はプロテイン、ジュース、バナナ1本を食べて1時間後に筋トレを行う。

といったスケジュールで動くことが多いのですが

バナナは消化吸収が早い為に筋トレ前の炭水化物としても非常に優秀です。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ダイエット中にオススメな食べ物、またNGな食べ物が分かって頂けたと思います。

是非皆さんのダイエットライフのお役に立てればと思います!

ABOUT ME
もりお
1993年3月8日生まれ 25歳男 筋トレ(適度にサボる)と沖縄が好き。 ウォーキングデッドにハマり中。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です